FC2ブログ

Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ANA VISA持ってたら、このワードにはピーんとくるハズ(笑)


「マイ・ペイすリボ」にするメリットと言えば
・年会費の割引
・ VISAカードのポイントプログラムである「 通常ポイント 」に加え「 ボーナスポイント 」が付与
( 1ボーナスポイント=3マイル)
*ソラチカルートで移行率UP( 1ボーナスポイント=4.45マイル)

マイ・ペイすリボはリボ払いのことで、支払後残高に対してリボ払い手数料が発生。
世の中様々な手数料がありますが、自力でどうにか出来るなら手数料は払いたくない派(笑)
なので、年会費の割引特典は受けたかったので、リボ払い設定額をカード限度額にしていました。
そうすることで、請求書ではリボ払いとして挙がってきますが、支払い方は1回払いと同じでリボ払い手数料は発生しません。

状況は変わり・・・
今年は飛行機に搭乗する回数も少ない故、マイルも貯まらなーい。
そこで陸マイラーデビューした本年。。

そんな中、この「マイ・ペイすリボ」の「 ボーナスポイント 」に行き当たりました。
そうなると、リボ払い手数料を発生させなければなりません。
で9月中旬にリボ払い設定額を1万円に変更し、請求額確定日の10月25日(11月10日引落)をそわそわして待っていました。
確かに請求書上ではリボ払い設定額の1万円しかあがっていません。
ここからリボ払い手数料を小額に抑える為、ネットから増額返済の申込みを。

しかし
ネットから増額返済できるのは12月10日引落分からしか出来ません。

何故?
(うーん、10月25日確定分はリボ払い設定額を変更してから1回目だから次回12月10日引落分2回目から手数料発生するのかな?でも残金あるからこの残金に手数料が発生しないってことはおかしいよね?)

そしたら渡りに船
▲「JPさん」が
「もしかして引落口座、三井住友以外にしていませんか? 支払い口座に設定している銀行毎に、マイ・ペイすリボ支払い金額変更の申し込み期限が異なるんですよ 」と

なるほど!


visa支払方法
私は ”上記以外”の口座なので「前月20日まで」=10月20日までであれば、ネットから増額返済できたみたいです

JPさん「支払日までならSMBCのATMで増額返済可能なので、一度ゴールドデスクに確認してみては?」と

ありがとう!JPさん!
危うく残金に対し15%のリボ払い手数料払うことになるとこでした。

デスクに確認してみると


リボATM
「振込」か「ATM」での増額返済を提案されました


リボコンビニATM
三井住友銀行など提携金融機関のATMやコンビニエンスストアで支払いができ(クレジットカードを入れて操作するだけ)、手数料は不要です


即効セブンに行って無事に増額返済!
わ~い♪
でもやっぱりリボ払いって好きません(笑)
スポンサーサイト
sfc bp
遂に到着しました☆
しかし長かったな~(笑)

修行時メインにしていたANAアメックスからANA(SFC)VISAにブランド変更したので
お客様番号もVISAに振当てられていた番号をメインに変更しました。

そして大変お世話になったANAアメックス
後ろ髪引かれましたが、解約しました。
ありがとう!アメックス!大好きでした(笑)
9月10日にポスト投函してから20日経った。

2週間くらいはかかるだろうな
と思っていたので、それまではあまり気にしなかったけど

流石に日頃の悪事を反省しだした(笑)
思い当たる節・・・ ・・・ ・・・
結構、会社の人に呪いかけてるもんな~(笑)


stamp
私の申請書類はどこにあるのかしら?


嫌な想像はしたくないけど

「例えば」今回審査に落ちたとしましょう。
そしたら、間髪入れずブランド変えてトライしたら受かるものですかね?
それとも、ブランド変えても変えなくても半年くらいはそっとしておく方がいいのでしょうか?

修行時のメインカード=ANAアメックスゴールド
      サブカード=ANA VISA 一般(携帯番号維持の低料金を半年くらい引落してました)

SFC申請=ANA スーパーフライヤーズVISAゴールド

ANAVISAの経歴が少なかったのかな?

審査落ちたら何か連絡あるんでしたっけ?
プラチナ1
お知らせ拝受しました(笑)



プラチナ3
昨日申込書をポストに投函しました
無事審査に通りますように☆
(画像上手く回転しません・・・泣)


受験並みにドキドキ(笑)
先日、このようなインフォが届きました。
デザインも素敵で気分もあがりました☆


PT 画面

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。